スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤー交換


本日は、オルベア オニキスのワイヤー交換です。
orbea1
こんな感じで外していきます。
orbea2.jpg
交換したワイヤーです。

シフトワイヤー、ブレーキワイヤーともに交換。
同時にバーテープも交換しました。

ただ、バーテープ巻きが苦手なので苦戦しました・・・メーカーの名前が入ってたりするタイプのバーテープはかなり大変です。出来るだけ同じ位置にメーカー名がくるようにと巻いていきますが・・・

できれば、無地のバーテープがありがたいです。

イベント、レースシーズンが始まる前にメンテナンスしませんか?
スポンサーサイト

スローパンク

空気が入っているチューブと言うのは、当たり前ですが必ず空気が抜けます。
定期的に空気圧の調整をしなくてはなりません。

ロードレーサーに使用されているフレンチ(仏式)バルブ、MTBなどで使用されているシュレッダー(米式)バルブ、一般自転車(通称:ママチャリ)などは英式バルブと現時点で3種類のバルブ形状が存在します。

その中でも比較的空気の抜けるのが早いのはフレンチバルブです。見た目は爪楊枝を太くした感じの細長いものです。

我が家で使用しているローラー専用のタイヤに入っているチューブですが、パンク?と思われる感じの状況がありました。
店頭ではマメに空気を入れてください!!と説明しているのですが、どうも自宅で使用しているタイヤなどは疎かにしてしまいます。それではダメなんですが・・・

先日、ローラーをしようとした時なんですが、空気が抜けてる・・・そういや最近空気を入れていないから、仕方ないかと思い通常通りに空気を入れてローラーをゴロゴロと30分。
翌日の朝、妻がローラーをする時に空気が抜けてる!と・・・昨日入れているにもかかわらず翌日に抜けてるのはパンクと考えて正解ですね。

基本的にローラー専用のタイヤに入っているチューブなんで異物が刺さるなどの外的要素はありません。
考えられるのはチューブの劣化です。チューブはゴム製品なので時間が経つと劣化していきます。
数日かけて抜けるようなスローパンクは厄介なもので、空気漏れの穴を見つけるのに苦労します。

我が家のチューブは1日で完全にとは言いませんが、抜けてるのが明らかに判るレベルのパンク。
仕事の合間に修理をしました。

もうすぐ、自転車のシーズンがやってきます。
あまり乗らないこの時期にメンテナンスをしてみてはいかがですか?
乗ろう!と思った時に、トラブルで乗れないなんて残念すぎます。

当店では各種自転車の点検も行っております。
簡単な点検であれば数十分で終わりますので、この機会にぜひ!!

プロフィール

サイクルショップ にしもと

Author:サイクルショップ にしもと
大津市和邇の自転車店です。
ロード、クロスバイク、MTB、一般車、原付バイクをメインに取り扱っております。
ファミリーマート横で営業中。サイクリングの途中にでも気軽にお立ち寄りください。

当店の定休日は「日曜日」となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
20767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
1020位
アクセスランキングを見る>>
取り扱いメーカーなど(一部掲載)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。